上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

細い管を食道、胃、十二指腸の中に入れて、異常があるかどうか調べる検査です。管の中の細い孔を通して小さな組織を採取して顕微鏡検査をすることもあります。
以前はとても苦しい検査でしたが、器械が改良されて細く、やわらかになりましたので苦痛はずっと軽くなっています。
喉の反射の強い方は、鼻から入れて検査することもできます(経鼻式内視鏡)。経鼻式のスコープはとても細いので楽に受けられます。従来の口から入れる内視鏡(経口式内視鏡)は経鼻式よりすこし太いので細かい変化をみつけることができます。
喉の反射が強い方、以前に検査してとても苦しかった方は静脈麻酔を使うことにより、楽に受けていただくことができます。静脈麻酔は安全で、完全に意識がなくなることはありません。検査後1時間ほどで帰宅できますが、検査当日は自動車の運転はできません。
患者様のご希望でどちらを選ぶか決めていただきますが、まよったらスタッフにご相談ください。
当診療所では、経験豊富な医師が検査を担当しますので、精度の高い、安全な検査を受けていただくことができます。